SENBEI's 日々これ安穏

Zeissのオールドレンズ その14  Ultron 50mm/f1.8

d0152341_3122675.jpg

さて、M42マウントレンズです。しばらく間が開きましたが前回の続き~。
「展開早すぎ!もう今年はレンズ購入禁止ね。」とみずきんさんにイエローカード出されたので、もう記事にするのやめようかと思った正直者で善人のsenbeiさんですが、誘惑に耐えかねてお地蔵さんにもらったもう一つの葛籠(何のことやらわからない人はこちら)を恐る恐る開けてみると(笑)、中からはあ~ら不思議、何と凹んだ玉が!出てきたのはコアなファンも多い名玉Carl Zeiss Oberkochen(Zeiss Ikon) Ultron50mm/f1.8ぢゃありませんか~。(^^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
バキッ!(`O´)/ うわー。もう買いません~。今年はこれでおしまいにしますっ!(T_T)







前玉の凹レンズが特徴的なこのレンズは、本来世界最古(1756年~)のカメラメーカーVoigtländer社のブランドですが、経営破綻に陥った同社が1969年に旧西独のZeiss財団に吸収されたあと、70年代に製造された一眼レフ「イカレックス35TM」用の交換レンズとしてZeiss名で世に出されました。つまりクルマで言えば日産のクラウンとかトヨタのスカイラインといった感じ。(笑)
d0152341_3142349.jpg

一説によるとVoigtländer社が経営破綻に陥ったのは、当時続々と進出してきた日本メーカーの安くて性能の良いレンズに負けたからだそうです。この話を読んで、日本の自転車部品メーカーだった「シマノ」が80年代に変速機のシステムをトータルに構築するという概念(のちの「コンポーネント」)を導入して、ヨーロッパの小さいけど歴史ある名門部品メーカーをアッという間に駆逐してしまったのを思い出しました…実は私、サンプレックスの熱狂的なファンだったんです。(サンプレといわれてもみなさんたぶんわからんだろうなあ。  ^^;)
                                     ↑
                             みずきんさんの指摘により訂正
d0152341_3144034.jpg

今回私が一般の相場よりかなり安く落札したこの個体ですが、ヘリコイドのリングにやや使いなずみが見られるものの、レンズ等の光学系や羽根絞りにも一切問題なしの美品でした。
d0152341_315192.jpg

羽根絞りの形が実にアートです。凹んだ前玉もそうですが、何ともドイツのマイスター魂を感じさせる一品。
d0152341_3151858.jpg

専用ラバーフードS56は外ネジ式。実はこのフードが探しまくってもまず手に入らない超レアものでして、今回はFlektogon 20mm/f2.8を売っていただいたKさんにデッドストックの新品(!)を格安で譲っていただきました。ありがとうございま~す。m(_ _)m
d0152341_3173768.jpg




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

[PR]
by senbei-s | 2011-01-10 03:32 | Zeiss M42